ロレックス デイトナが支持される理由は様々ですが、何故これ程までに評価されているでしょうか?

定価よりも遥かに高い相場で取引されているロレックス デイトナ。ステンレススティールを筆頭に世界中の男性の憧れとして人気を博しています。
ロレックス唯一のクロノグラフだから。ロレックスのステータス性を味わえるから。
デイトナが支持される理由は様々ですが、何故これ程までに評価されているでしょうか?
今回はスーパーコピー高級時計店 atcopyのスタッフがデイトナの魅力がどこにあるのかについてご説明いたします。
いつかデイトナを手に入れたいと思っている方に是非ご一読していただきたい内容です。

実用的なクロノグラフであるということ
正式名称「オイスターパーペチュアル コスモグラフ デイトナ」。

レース用クロノグラフであるデイトナが誕生したのは今から約50年以上も前のことです。
1963年にモーターレース「デイトナ・インターナショナルスピードウェイ」にちなんで生み出され、タキメーターベゼル(時速を測るベゼル)を持つこと、視認性・防水性といった外装仕様が実用的であったことからこと、そしてデザイン性の高さから大きな人気を博しました。

現代においてはロレックスの象徴として、時計ファンであれば誰もが一度は手にしたいモデルと称される存在となっています。
誕生から現在まで6世代に及ぶ改良を繰り替えし、そのたびに進化してきたデイトナ。
デザインこそ大幅な変更は加えられていませんが、技術的ノウハウとそれを紡いできた歴史により、細かな部分で常に実用性が上がっています。
針やリューズといった細かな素材、ゼンマイの素材、そして堅牢性と耐久性へのこだわり。
レーシングクノログラフは他ブランドからも様々なモデルが展開されていますが、実用性に関していればデイトナが世界最高峰の一本だといえます。

スポーツロレックスの中では文字盤デザインや素材に多くのバリエーションを持つデイトナですが、その中でもオールステンレス系は圧倒的な評価を得ています。
ゴールドやプラチナといった素材の高級感ではなく、時計から放たれる「本物のオーラ」。
過度な装飾を施さず、レーシングウォッチとしての本質を極めたデザインであるからこそ、ステンレス系のデイトナに人気が集中しているのかもしれません。

最先端の技術の集合体であること
新作が発表されるたびに進化を重ねてきたデイトナ。現行 116500LNはこれまで用いられてきた技術をブラッシュアップした、まさに集大成ともいえる作品です。
旧作の116520、2世代前の16520も未だに高い需要がありますが、やはり現行デイトナである116500LNはそれらを超越するだけの魅力を秘めています。

40mmという袖口にシックリ収まる絶妙なサイズ感、スマートに着けこなせる12.5mmケース厚、装着感に拘りぬかれたブレスレット、そして身に着けた時の誇らしい気持ち。
この満足感は他のどんな時計を身に着けても味わうことができません。
しかし、なぜこれほどまでにデイトナに惹かれるのでしょうか?
ここでは特徴的なパーツ一つ一つを見ながらその理由を探っていきます。

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published