A.ランゲ&ゾーネが国内5店舗目となるブティックを大阪心斎橋にオープン

A.ランゲ&ゾーネは大阪心斎橋に、国内5店舗目となるブティック「A.ランゲ&ゾーネ ブティック 大阪心斎橋」を2021年7月30日にオープンさせる。Wホテル大阪の1階に位置する路面店で、スタイリッシュな外観が特徴だ。

西日本エリア初の路面店

 A.ランゲ&ゾーネは2021年7月30日、大阪の中心街である心斎橋エリアに「A.ランゲ&ゾーネ ブティック 大阪心斎橋」をオープンさせる。国内5店舗目のブティックであり、西日本エリアでは初の路面店だ。同年3月に開業した都市型ラグジュアリーホテル「Wホテル」の1階に位置し、そのスタイリッシュな外観が目を引く。

 ブティックのインテリアデザインには、同社の腕時計と同様に、完璧を追求する姿勢が表れている。大きなガラスのファサードは透明感があり、外に向けてディスプレイされた時計が、道行く人々を招き入れる。中へ入ると、67.75平方メートルの広々とした空間が広がる。

店内は複数の壁で区切られ、希少なウォッチコレクションの展示エリアや商談エリアまで、変化に富んだ空間を楽しむことができる。インテリアの細部にまで気を配り、A.ランゲ&ゾーネというブランドの世界観を表している。壁に組み込んだ金属製の装飾は、時計のパールに施した仕上げを再現。エッジはムーブメントのブリッジ同様に45°で面取りされ、そこが鏡面に磨かれているのだ。

 そして、心斎橋ブティックの最大の見どころは、店内の中央に位置する「エクスペリエンス・ライラリー」だ。書籍や展示品が並ぶこの空間では、マニュファクチュールが歩んできた歴史を知ることができる。壁面に掲げられた“Never Stand Still”(決して立ち止まらない)という言葉は、新生ランゲを作り上げたウォルター・ランゲの座右の銘だ。

同社のCEOを務めるヴィルヘルム・シュミットにとって「A.ランゲ&ゾーネ ブティック 大阪心斎橋」をオープンすることは、日本市場での事業展開における重要な節目を意味する。彼は次のように語った。

「大阪に新しいブティックをオープンすることで、日本におけるA.ランゲ&ゾーネの存在感を高めるとともに、すでにラグジュアリーブランドとしての地位を確立している同社の評価をさらに高めることができます。私たちのブティックのコンセプトで、その目的を達成するための環境を整えることができたと思います。芸術性、手仕事、技術を融合させてブランドの個性を表現するというコンセプトは、私たちの時計と同じです」

 新たにオープンする「A.ランゲ&ゾーネ ブティック 大阪心斎橋」は、ブランドの世界観に浸りながら、最良な時計選びができる場所だ。感染症の対策を遵守した上で、足を運んでみてはいかがだろうか。

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published